韓流スターに逢えるかもしれないショップ
韓流スターがお忍びで訪れるソウルの隠れ家30店。とっておきのプライベートエピソード大公開。

素顔のぺ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュン様子や、カメラには映らなかった舞台裏など、未公開映像満載です。

イ・ビョンホンの秘密
イ・ビョンホンの魅力に迫る渾身のエピソード。

チャンドンゴンプロデュース ウェルビン
チャンドンゴン自身がプロデュース!ウェルビンブレスプレミアムBOX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Web 2.0は我々の文化を殺すのか?(その1)

(これまでの yomoyomoの「情報共有の未来」はこちら)「Web 2.0」という言葉ももはや手垢がつきまくっており、改めてその言葉を正面から論じるのにためらいを覚えますが、日本では梅田望夫氏の『ウェブ進化論』と西垣通氏の『ウェブ社会をどう生きるか』を両極として、ここ二年ほどで「Web 2.0」を主題に据えた数多くの書籍が刊行されました。本国(?)アメリカでも、インターネットの情報伝達能力と双方向性に草の根ジャーナリズムの可能性を見るダン・ギルモアの『ブログ 世界を変える個人メディア』、ブログを通じた企業と顧客の対話の重要性を訴えるロバート・スコーブルらの『ブログスフィア アメリカ企業を変えた100人のブロガーたち』、そして企業が顧客を巻き込むオープンなマスコラボレーションを主題とするドン・タプスコットらの『ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』など、Web 2.0 という概念を好意的に見、主張の拠り所とする書籍が多いのは日本と同様の傾向です。
最新youtube情報は・・・<% key%>人気ブログランキング

それだけに、インターネットが可能にする個人のエンパワーメント、参加型メディア、集合知といったあたりをまとめて批判するという評判のアンドリュー・キーン『The Cult of the Amateur: How today's Internet is killing our culture』の刊行は、もちろん当方自身の立場とはかなり異なるとはいえ、個人的に楽しみでした。「アマチュア崇拝」という題名は、能天気な Web 2.0 礼賛の風潮に冷や水を浴びせたニコラス・G・カーの The amorality of Web 2.0(日本語訳)の中から採られたもので、「今日のインターネットがいかに我々の文化を殺しつつあるか」という副題も強烈です...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

関連タグ:

■youtube関連ブログ記事■
fg
gふゅ

ТУМАН(TUMAN) - Transilvanian D...
... 初期MAYHEM、DARKTHRONE等に影響を受けているのは分かりますが、個性は十分出ているのでなかなか聴き応えあります。個人的にはかなり好きです。 試聴→ http://jp.youtube.com/watch?v=tRz3KoiyqXk

リアルタイム笑顔度測定
リアルタイム笑顔度測定ってやってみたいよね。 オムロンが12年がかりで開発した「リアルタイム笑顔度測定技術」では笑い加減を数字で教えてくれます。3Dモデルフィッティング採用により ...


スポンサーサイト

2007年09月12日 韓流 トラックバック:0 コメント:0

韓流スターに逢えるかもしれないショップ
韓流スターがお忍びで訪れるソウルの隠れ家30店。とっておきのプライベートエピソード大公開。

素顔のぺ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュン様子や、カメラには映らなかった舞台裏など、未公開映像満載です。

イ・ビョンホンの秘密
イ・ビョンホンの魅力に迫る渾身のエピソード。

チャンドンゴンプロデュース ウェルビン
チャンドンゴン自身がプロデュース!ウェルビンブレスプレミアムBOX












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。