韓流スターに逢えるかもしれないショップ
韓流スターがお忍びで訪れるソウルの隠れ家30店。とっておきのプライベートエピソード大公開。

素顔のぺ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュン様子や、カメラには映らなかった舞台裏など、未公開映像満載です。

イ・ビョンホンの秘密
イ・ビョンホンの魅力に迫る渾身のエピソード。

チャンドンゴンプロデュース ウェルビン
チャンドンゴン自身がプロデュース!ウェルビンブレスプレミアムBOX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

過大評価される高句麗、過小評価される新羅(上)

 「高句麗はあまりに高く評価され、新羅は低く評価され過ぎている」  古代史を歪曲する中国の「東北工程」で高句麗史に対する関心が高まっている中、テレビドラマなどで高句麗が大いに美化されている反面、新羅に対しては否定的な認識が定着しつつある、という指摘が出ている。広開土大王が神格化される一方で、金庾信は不当に扱われている傾向が存在しているというわけだ。 ■広開土大王は2000年間待望の「朝鮮の王」?   『朱蒙』『淵蓋蘇文』『大祚栄』に続き高句麗を素材としたドラマの『太王四神記』(MBC系)について、韓国歴史学界が批判の声を上げた。東北アジア歴史財団のキム・ヒョンスク研究委員は、今月19日に湖西史学会・大邱史学会などが主催した学術大会で、「歴史的観点から見た高句麗ドラマ」と題する論文を通じて、高句麗の広開土大王(在位:391‐413年)を主人公とした『太王四神記』の誤りを指摘した。
最新太王四神記情報は・・・<% key%>人気ブログランキング

 キム氏は「4世紀の高句麗は中央集権化が完成し、すべての兵力が国王に集中しており、王権自体が最高潮に達していた時期」だったと指摘した。ドラマでのように、貴族が国王より多くの私兵を抱えていたという設定はあり得ないという。また、すでに長子相続制が確立していたため、外孫から王位を継承するよう強要する状況は不可能だというのだ。主人公の英雄化が、かえって歴史の歪曲を生んだわけだ。とりわけ、青龍・朱雀・白虎・玄武の「四神」が桓雄の代から存在していたというドラマの設定は大きな誤りだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

関連タグ:

■太王四神記関連ブログ記事■
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月01日 韓流 トラックバック:0 コメント:0

韓流スターに逢えるかもしれないショップ
韓流スターがお忍びで訪れるソウルの隠れ家30店。とっておきのプライベートエピソード大公開。

素顔のぺ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュン様子や、カメラには映らなかった舞台裏など、未公開映像満載です。

イ・ビョンホンの秘密
イ・ビョンホンの魅力に迫る渾身のエピソード。

チャンドンゴンプロデュース ウェルビン
チャンドンゴン自身がプロデュース!ウェルビンブレスプレミアムBOX












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。