韓流スターに逢えるかもしれないショップ
韓流スターがお忍びで訪れるソウルの隠れ家30店。とっておきのプライベートエピソード大公開。

素顔のぺ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュン様子や、カメラには映らなかった舞台裏など、未公開映像満載です。

イ・ビョンホンの秘密
イ・ビョンホンの魅力に迫る渾身のエピソード。

チャンドンゴンプロデュース ウェルビン
チャンドンゴン自身がプロデュース!ウェルビンブレスプレミアムBOX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

“韓流スター”除隊後に続々ドラマ復帰

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000039-wow-ent
●ソ・ジソブ ソン・スンホン…超大作ドラマでファンに挨拶
 クォン・サンウ チソン チャン・ヒョクも“ラブストーリー”でお茶の間復帰

韓流スター、ブラウン管を猛爆」
韓流スターたちがブラウン管に続々復帰しながら、文字通り“韓流スター天下”を彷彿とさせている。そのスタートは“ヨン様”ことペ・ヨンジュンで、MBC特別企画ドラマ『太王四神記』で華やかに火ぶたを切った。

『太王四神記』の作品紹介とあらすじ

ペ・ヨンジュンは3年6か月という制作・撮影期間と、430億という巨額の制作費を掲げてお茶の間に上陸した。
最新ヨン様情報は・・・<% key%>人気ブログランキング

『太王四神記』は現在、20%を超える平均視聴率を記録し、“韓流スター”ペ・ヨンジュンの名のもと、成功への道を走っている。

そこで、今年の下半期と来年上半期に、ペ・ヨンジュンに挑戦する韓流スターたちの激戦区となるドラマ市場を覗いてみた。

「ソ・ジソブ、ソン・スンホン=超大型テレビブロックバスター+キラー」
韓国俳優ソ・ジソブとソン・スンホンは軍除隊後、スクリーンとお茶の間から続々とラブコールを受けるほど、韓流スターとしての地位を固めた。2人はペ・ヨンジュンの成功を踏まえて、来年初めに超大作ドラマでお茶の間に復帰する。また、同時に“キラー”役に挑戦するという共通点を持っている。

ソ・ジソブはSBS新月火ドラマ『カインとアベル』(脚本:キム・ヨンチャン/演出:チェ・ホソン)を復帰作に選んだ。『カインとアベル』は総制作費だけでも60億ウォンを超え、米・サンフランシスコロケで事前制作が計画されているドラマだ...

ニュースの続きを読む

関連タグ:

■ヨン様関連ブログ記事■
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月08日 韓流 トラックバック:0 コメント:0

韓流スターに逢えるかもしれないショップ
韓流スターがお忍びで訪れるソウルの隠れ家30店。とっておきのプライベートエピソード大公開。

素顔のぺ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュン様子や、カメラには映らなかった舞台裏など、未公開映像満載です。

イ・ビョンホンの秘密
イ・ビョンホンの魅力に迫る渾身のエピソード。

チャンドンゴンプロデュース ウェルビン
チャンドンゴン自身がプロデュース!ウェルビンブレスプレミアムBOX












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。